スポンサーサイト

2017.08.01 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    どっぷり製作中

    2012.10.10 Wednesday

    0
       こんばんは。

      秋も深まり、一日の寒暖差も大きくなってきました。

      私はすっかり鼻が詰まってしまい、たまにとても濃い鼻水が出たりして、はしゃいだりしています。

      さて、ご報告が遅れましたが、10月14日の日曜日、大阪にて、あべの王子みのり市に出店します。

      今回は、共同製作者の村上千紗登の作る匙を中心に出品します。

      村上の作る匙は、私の作るひねくれた匙と違い、素直な可愛らしい形をしています。

      私、金城の箸も出品しますので、ぜひお越しください〜

       


       


                                        





      秋に向けて

      2012.08.23 Thursday

      0



        まだまだあつ〜い日々は続いていますが、そんな中でも去る夏の足音が聞こえてくる気がする今日この頃。

        秋の予定を掲載しました。


        落ち着いた雰囲気の中、のんびりじっくり選びたいという方は、9月のわつか市へ。

        様々な分野の作品を 一度にたくさん見てみたいという方は、10月の灯しびとの集いへ。

        遠出はなかなかできないけれど、素敵なものはほしいわよ、という奈良在住の方は、11月の箱本手仕事市へ。

        その時々の製作状況に合わせて、出品できるものは少しずつ変化します。

        金城貴史の一匙一膳が見逃せないっ、という変わった方は、全てのイベントにお越しください。


        来る秋に向けて、やや気が焦る感じもありますが、そこは変わらず、一つ一つを丁寧に。

         
        楽しみにしていてください。

        とても楽しみにしています。





        まなつ

        2012.08.03 Friday

        0
           
            うだるような暑さの中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

            こちらは、相変わらず彫って彫っての毎日です。

            写真は、製作中の新作デザート匙。

            シンプル&エレガンスな匙になっているような気がします。

            明後日、わつか市にて初お目見え予定です〜











          梅雨明け  〜 製作と収穫 〜

          2012.07.18 Wednesday

          0









            雨の四天王寺にて

            2012.07.01 Sunday

            0
               
                

               本日は四天王寺さんのわつか市に出店しました。
               
               

               あいにくの天気でお客さんも少なく、時間をもてあまし、

               見知らぬ少年と楠(クスノキ)の葉っぱを拾って遊んでいたら、こんなんできました。

               花みたい。

                

               しばらくすると、少年と妹が戻ってきて、お父さんの誕生日プレゼントになんか買うと言います。
                

               しかも自分らの財布を取り出し、おこづかいで買う、ということです。
                

               小学3年生と2年生の兄妹で、財布の中は小銭がじゃらじゃら。
                

               やいやい言いながら、しっかりものの妹のチョイスで箸に決定。
                

               しかし案の定、御代が足りません。
                

               お兄ちゃんは半分だったら足りるからと、半分だけ買う勢いです。
                

               ソレデハタダノ木ノ棒ダヨ。
                

               というわけで、少しおまけして買っていただきました。
               
               

               選んでくれてありがとう。
                

               

               おまけをしたものの、彼らにとっては大金。

               二人の一か月分のお小遣いを足したくらいでしょうか。
                

               普通に大人の方に買っていただくよりも、身が引き締まる思いがしました。
                

               決してゆるんでいたわけではないけども、ふんどし締めなおして、一つ一つを丁寧に。



               七月です。
                

               がんがん作ります。