スポンサーサイト

2018.01.31 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    初蛙

    2015.03.19 Thursday

    0


      春でした。

      今春の出展は3月22日、道明寺天満宮手づくりの市から始まります。
      この市にはちょうど2年ぶりの出展で、とても楽しみ。
      2年前にはなかった匙、使っていなかった樹種も今回お持ちします。
      ぜひご覧くださいませ。
      妻は「お寿司が食べたい」とすぐ言う人なので、
      たくさん売れたら、帰りにスシローに行きたいです。




      ヒサカキの花。 ちっちゃい。 
      高取町のばあさんはヒシャゴと呼んでました。


      セリ。 おいしそう。


      また春が来て、一年が廻り始めます。







       

      静岡へ

      2014.10.09 Thursday

      0


        昨晩の月。


        今週末は、ARTS&CRAFT SHIZUOKAに出展します。
        およそ2年半ぶりの静岡です。
        相変わらず匙ばかりですが、2年半前よりも充実の匙揃えになってきてます。
        どんぐりや木の実などもたくさん持って行きますので、欲しい方はお声掛け下さい。




        ジャム匙とムクロジの果皮と種子。







         

        はや9月

        2014.09.03 Wednesday

        0


          9月は大阪にて企画展です。
          『 食卓のいろ 』
          私は、食事匙・ジャム匙・マドラー・箸等を出品しています。
          箸と小匙と謳いながら、久しぶりに箸を製作しました。
          詳細はこちらまで → GALLERY963


          最近は、お庭でカエデの木を割ったり、クワの木を割ったりしています。
          調理用の大きな匙をつくる材料です。
          カエデを割るのに少し苦労しましたが、そのおかげでクワは思ったとおりに割れました。
          下の写真はクワですが、きれいな黄金色をしています。
          空気に触れると、だんだん濃い茶色に変化していきます。
          深みのある、とても好きな色です。







           

          夏の長野へ

          2014.07.04 Friday

          0



            7月22日(火)23日(水)
            木の匙展 @長野県木曽福島  菓子蔵喜しろう ギャラリーにて

            いよいよ近づいてまいりました。一年ぶりの木曽福島です。
            今年の展示は私、金城貴史の作る匙を中心に。
            嫁の千紗登はバターナイフ作りのワークショップをさせていただきます。
            くわしくはこちらまで → 



            さて、ヤマモモ、熟してます。
            すっぱ甘すっぱい。森の風味を感じます。
            嫁はあまり食べようとしません!




             
             

            春の出展、終了!

            2014.05.27 Tuesday

            0


              チャイムの鳴る森、無事終了いたしました〜
              初開催に加え、特殊な立地条件ということもあり、スタッフの方々はすごく大変だったと思います。
              天気にも恵まれて、大盛況、気持ち良く二日間を過ごしました。
              来てくださった方々、スタッフの皆様、ありがとうございました〜

              当日は、未乾燥の小径木を使った匙作りを実演しておりました。



              イベント2日目の開催前、少し早めに会場に着き、使えそうな木が転がってないか物色する男です。
              この森は、僕が見た限りですが、クスノキがすごく多い森でした。
              会場の所有者の方の承諾を得て、クスノキとカシ(おそらくシラカシ)の小径木を少しずつ頂きました。



              展示の傍ら、一日中、斧やナイフを使い製作していました。腕、パンパンです。
              クスノキは乾燥材も含めて、初めて使ったのですが、香りも仕上がりも良く、また使ってみたいと思わせる材でした。
              シラカシは生材でもやっぱり堅くて、小さなナイフで加工するには、しんどくても諦めない強い心が必要です。
              半年ほど前から始めた、生材を使った匙作りですが、年内には試作の段階を終えて、販売までもっていければと考えています。
              今回の会場となった陽楽の森は、人の集う森を目指して今後も整備を進めていくとのことだったので、
              材料の調達も含めて、何らかの形で関わっていきたいです。

              さて、これにて2014年の春の出展は終了です。
              もうすぐ雨の季節。そして、その雨の季節が終わる頃には木曽での個展を予定しています。
              そ〜すけ〜、こ〜すけ〜、です!
              この春を通して、新たな匙のイメージがいくつか生まれてきたので、夏に向けて、引き続きこつこつと。






               

              森へ

              2014.05.20 Tuesday

              0


                ちんゆいそだてぐさ、晴天に恵まれ無事2日間終了いたしました。
                来てくださった方々、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

                今週末も奈良でのイベントに出展します。
                森と人とを中心に据えた、異色のイベントです。
                会場の下見も先日させていただきましたが、ちょっとした丘の上の森が会場になってます。
                ぜひ、歩きやすい格好でいらしてください。

                当日はユリノキの枝から匙を削りだす工程を実演する予定です。
                現在、商品としての匙を作っている工程とはまた違った制作方法になります。
                感覚的に、より森に近い木工の手法なので、会場の雰囲気に良く馴染むと思います。
                のんびり作ってますので、遠慮なくじろじろとご覧下さい。



                ついでに、ユリノキの花です。
                葉が大きめでTシャツのような形をしていることから、ハンテンボクとも呼ばれているそうです。
                新大宮駅周辺にも街路樹としてユリノキが植えられています。
                昨年、高さ3メートルほどのところで全て伐採されましたが、春になって残された幹からたくさん萌芽が出てきています。
                季節ごとの樹の変化はゆっくりですが日々確実に進んでいて、生きとんなぁと改めて感じる今日この頃です。







                 

                あけましておめでとうございます。

                2014.01.08 Wednesday

                0
                  年が明け、はや八日が過ぎました。

                  昨年終盤は、めっきり更新を怠ってしまい、お恥ずかしい限りです。

                  更新はしませんでしたが、いろいろと動き回っておりました。

                  何らかの形で、少しづつお見せできたらと考えております。


                  さておき、年明け早々展示をさせていただきます!

                  大阪府堺市のama Gallery二階のロフトスペースをお借りして、妻とのささやかな2人展です。

                  今回は箸はなく、2人が作った木の匙ばかりを展示販売いたします。

                  製作工程が伝わるような展示もできたらと考えております。

                  1月18日(土)は私、金城貴史は一日在廊予定です。

                  ぜひお越し下さいませ〜


                  それでは、本年も宜しくお願い致します。




                   

                  久しぶりの出店です。

                  2013.10.01 Tuesday

                  0
                     
                          オイル乾燥中の匙




                    というまに10月になっていました。
                    9月は製作中心の日々で、すっかり更新を怠っておりました。

                    10月は久しぶりの出店が各地で続きます。
                    相変わらず匙ばかり作っていますので、ご興味ある方、ぜひお越しください。

                    あと、ご報告遅れましたが、9月より大阪のama galleryにて定番匙・ジャム匙・その他取り扱いいただいております。
                    現在はお休み中のようですが、お近くの方、ぜひお寄りくださいませ。

                    この夏は製作以外にも、森のことや樹のことをもっと知りたいと思い、長野へ岐阜へと動き回っておりました。
                    今まで自分が立っていた土台をじんわりと広げていきたいと思っています。
                    なんらかの形になるにはしばらく時間がかかりそうですが、楽しいです。

                    という感じで、匙と共に皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

                    実りの秋になりますよーに





                    8月の展示

                    2013.07.29 Monday

                    0


                      大変お暑い中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

                      涼しい木曽での展示を終えて、暑い奈良に帰ってまいりましたが、少々夏バテ気分の今日この頃です。

                      8月は大阪のGALLERY963にてグループ展に参加いたします。

                      その名も「木と土」。

                      質感の良い、とてもかっこいいDMです。

                      しかし、少し暗いところに置いてあると、ただの黒い紙にしか見えません。

                      その潔さや謎感もかっこよい感じです。


                      今回は初めて匙作りのワークショップをやらせていただきます。

                      段取りはほとんど嫁に任せきりでしたが、当日はさわやかな笑顔でやさしく楽しく補助させていただきます。

                      なんでもそうですが、自分で作った物ほど愛着の持てるものはありません。

                      参加してくれた方の世界が少し広がる体験になればと、思います。

                      まだ若干名空きがありますので、ご興味あればぜひ。


                      詳細はこちらまで → GALLERY963

                      お嫁様のブログ →  





                       

                      七月

                      2013.07.03 Wednesday

                      0
                         

                        6月の匙合戦、無事終了いたしました。

                        お越し下さった方、またたくさんある匙の中から私の匙を選んで下さった方、

                        ありがとうございます。

                        それぞれのご家庭で、長く活躍してくれるよう願います。


                        今回は山桜で作った匙のみを出品しました。

                        数ある木のなかでも山桜はとくに好きな材です。

                        先日、材木屋に寄った際、そこの社長さんから山桜が極めて入手しにくくなってきたというお話を伺いました。

                        国産広葉樹総じてそのような状況だということはなんとなく認識はしていましたが、改めて現場の方から詳しい話を聞くと、なんだかあせりを感じてしまいます。

                        部屋で黙々と製作しているとなかなか森の事まで思いが及びませんが、今後あらためて森との関わり方について考えていきたいと思っています。


                        さて、7月です。

                        嫁との2人展です。

                        木曽です。

                        そーすけー、こーすけーです。

                        木工の基礎を叩き込まれた木曽の地に恥じぬよう、精一杯準備したいと思います。

                        お近くの皆様、ぜひお越し下さいませ。